www.wyprheadlines.org

.

.


就職活動とは、いままでの自分の集大成ともいえますし、現状の自分の市場価値を確認するための手段ともいえます。就職活動をせずに家業を継がれる方も多くいらっしゃると思います。就職先を自分で見つけなければならないか、就職先がすでに決まっているか、どちらもそれぞれのメリットデメリットがあります。家業を継ぐ場合、それがどのようなものか様々あると思いますが、資格や免許が必要になるものがあります。医師免許や弁護士資格などです。漠然と大学に行って適当に授業を受けていれば取得できる免許や資格ではありませんから、自分で就職先を決める方は、これくらいの努力をしなければまともな企業に勤めることはできない、ということになります。それ相応の努力として国家公務員試験などが挙げられると思います。そういった努力なく就職したかたは、就職してから人一倍努力しないと、社会的信頼を得ることはできません。それらができないのであれば一生非正規社員の身分で終えることになるのです。